けんすう

・インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。アルという会社の代表です…

けんすう

・インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。アルという会社の代表です!最近だとナマケモノをモチーフにした、きせかえできるNFT「sloth(すろーす)」というのを作ったりしています。 アルの実績やお問い合わせ先:https://alu.co.jp

マガジン

  • アル開発室

    【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://aluinc.notion.site/fb1fb85b85f14bb1b75185569729a777

  • 【初めての方に】アル開発室 人気5記事おためしパック

    • 5本

    「アル開発室」の特に読まれている人気記事を、5本500円でお楽しみいただける【おためしパック】です。

  • クリエイターエコノミーラボ

    「クリエイターエコノミー」について、どういうサービスがあり、どういうクリエイターが、どうやって成功しているのか?というのを書いていきます。クリエイターさん向けです。

  • アル開発マガジン

    • 17本

    マンガサービスの「アル」での更新情報や開発の裏側などを「お伝えするマガジンです!

最近の記事

  • 固定された記事

NFTを一般に広げるための「sloth」プロジェクトの紹介

こんにちは! すっかり今年に入ってから、NFT系のことしかやっていない、アル株式会社のけんすうと申します。 今日は、新NFTプロジェクトの「sloth」について話させてください! 「NFT」という単語が広まってずいぶんと経ちます。 NFTについてあまり詳しくない人は、「アート的な画像を高額で取引している」とか「安く買って高く売る」というイメージがあるかもしれません。「詐欺とかの温床だ」というネガティブな印象を持っている人もいます。そして、残念ながらそれらの一部は事実で

    • 会社選びで、人気度とか評判とかランキングで選ぶのはナンセンス

      こんにちは! こんな質問が来ました。 すごく切実な悩みですね!この辺り、悩む人もいると思うので書きます! 一番大事なこと結論で言うと、一番大事なのは 就職のランキングや、評判、世間的な「良い会社」という評判に惑わされずに、自分にとって一番良いと思う会社を選ぶ ということです。 当たり前のように見えますが、みなさん、ものすごい「人気ランキング」とか「口コミ」とかを気にするんですね。 これ、確かに気持ちはわかるんです。例えば、大学受験、みたいな場合は、如実に偏差値で

      • 勝ち方、負け方の話の続き

        こんにちは! 昨日、こんな記事を書きました。 これに対して、こういう質問をいただきました。 答えていきたいと思います! ゲームで勝ちすぎたらダメ「バランスを考えて」と書いてありますが、これは大きくは間違っていないものの、なんとなく 周囲との調和を考えて行動するべき? 自分の意見があっても軋轢が起こらないようにするべき? みたいな感覚で捉えてしまっているのかなと思いました。 僕が言いたいことをもうちょっとシンプルにすると 人生は長期戦だから、長期で一番得をする

        • 勝ち方、負け方は重要よねという話

          こんにちは! 今日、こんな投稿を見ました。 これは大人になると結構気づくところだなあ、と思ったので書いてみます! 恨みや嫉妬は怖い世の中というのは、ものすごい複雑なわけですが、特に「人間の感情」みたいなところが入るから、展開が読めないというのがあったりします。 特に、恨みや嫉妬というものは恐ろしいです。めちゃくちゃに足を引っ張ってきます。僕も、すごい成功を収めた方とか、すごい権力を持った人とかと会うことがありますが、結構な割合で「恨みを買うな」みたいなアドバイスを貰い

        • 固定された記事

        NFTを一般に広げるための「sloth」プロジェクトの紹介

        マガジン

        • アル開発室
          ¥980 / 月
        • 【初めての方に】アル開発室 人気5記事おためしパック
          5本
          ¥500
        • クリエイターエコノミーラボ
          0本
        • アル開発マガジン
          17本

        記事

          ホリエモンに学ぶ、仕事で成果を出すためのたった一つのテクニック

          こんにちは! かなり盛ったタイトルにしちゃいましたが、以下みたいな投稿をXにしたらバズりました。 これのいいところは、誰でもシンプルに真似できる割に効果が高いところです。 しかし一方で、これだけを読んでも「そんな身もふたもないこと言われても困るわ」と思う人もいると思うんですね。 そこで、これの話をもう少し深く掘って話したいと思います。 集中しろまず、これは「仕事は終わるまで集中してやれ」ということがあります。 そんなの当たり前じゃん、と思う人も多いと思うんですが、

          ホリエモンに学ぶ、仕事で成果を出すためのたった一つのテクニック

          競争心が強い人が有利かも、と悩まなくてもいいと思う話

          こんにちは。今日はマシュマロに届いた質問から回答したいと思います。届いた質問はこちらになります。 これについて話していこうと思います! ピーターの法則まず、知っておいて欲しいものとして「ピーターの法則」というものがあります。これはビジネス会では結構有名なのですが、簡単に言うとこんな感じです。 歴史的には結構古いのですが、1969年にローレンス・J・ピーター博士と言う方が提唱した概念で、「人は無能になるまで昇進し続ける」みたいなやつです。 どういうことかというと・・・。

          競争心が強い人が有利かも、と悩まなくてもいいと思う話

          動画がサクッと作れる時代になっているので、コミュニティとIPの関係性は変わりそう

          こんにちは! 今日、Kn1ghtさんというサービスで遊んでたんですが、これすごいです。 なんか、AIでアニメ動画が作れるんだよ、というので、へーと思って使ってみたんですが、こんな感じです。 使い方はすごく簡単で、アプリがあるんですが、そこでぽちぽち、スクリプトを入れたり、アバターの表情を変えたりするだけ。 かなり直感的なので、開始してから30分もしないうちに、上記の動画をアップロードすることができました。 どうなる?そして、この動画には、僕らが作っている「sloth

          動画がサクッと作れる時代になっているので、コミュニティとIPの関係性は変わりそう

          「一生懸命やる」の解像度を上げてみよう

          こんにちは! 今日、質問で以下のようなものがきました。 これ、確かに「そもそも一生懸命って何よ」というのがわからないと、「一生懸命頑張れ」と言っても相手に伝わらないし、一生懸命やろうと思ってもできないわけです。 んで、特に自分で「頑張ろ」と思っている時は定義なんて曖昧でもいいんですけど、人から「一生懸命やれよ」と言われた時に、自分なりに一生懸命やってても「お前は一生懸命やっていない!」と怒られたりすることもあるわけで・・・。これはちょっと嫌ですよね。 というので、こう

          「一生懸命やる」の解像度を上げてみよう

          「気難しい天才」が意外と干されない理由

          こんにちは! なんかたまに、会社とかで「あたりが強くて、怖い人」とか「不要に尖ってて、相手を攻撃とかしてくる人」っているじゃないですか。「気難しい天才」とか「こだわりが強いが故に面倒な人」とか「正論を高圧的にいってくる人」とかもここに入ります。 これを便宜上、「気難しい天才」と呼ぶとして・・・。 ああいうのを見ると「ああいう人は恨みを買うからそのうちに評価を下げていなくなるんだろうな」と思う人もいると思うんですが、意外といなくならないですよね。 大御所の人とか、立場が

          「気難しい天才」が意外と干されない理由

          ネガティブなフィードバックは、AIを通して、なるべく表現を柔らかくしよう

          こんにちは! 人と人との関係性について、不具合を起こしやすい人を観察している時に思ったんですが、やはりコミュニケーションの様子によって、相手を不快にさせてしまい、その後の関係性が悪くなるというケースが多そうです。 まあ、当たり前ですよね。 しかし、このコミュニケーションというもの、あまり学校とかでは習いません。というか、学校の先生でも、コミュニケーションが長けている人、と言うのは別に多くないわけです。 コミュニケーションの本はたくさん出ているけど、絶妙な言い回しや、絶

          ネガティブなフィードバックは、AIを通して、なるべく表現を柔らかくしよう

          「AI読書」を試すために、僕の本のPDFを配布します

          こんにちは! 今、「AIによる読書」がとてつもないスピードで来そうな気配があります。 AIを使うと、読書がかなり捗ったりします。例えば、本の内容をAIに読み込ませることで、読書に慣れていない人でも簡単に内容を理解できるようになります。 例えば、「この本を小学生でもわかるように要約してください」みたいに言うことで、かなり平易な文章で表現してくれたりします。内容は僕の「物語思考」をChatGPTでやったケースです。 「この本を小学生でもわかるように要約してください」と聞い

          「AI読書」を試すために、僕の本のPDFを配布します

          ネットの記事メディアがだいぶ辛くなってきている感

          こんにちは! ちょっと緩く書くんですが、昨今のインターネットの記事メディア、だいぶ大変なことになっているなあ、という感じがします。 アドブロックの影響その理由の一つは、広告周りです。色々な問題はあるんですが、一番大きいのが「アドブロック問題」ですね。 アドブロックとは、「広告を表示しない」ということです。iOSを使っていると、そういうアプリもありますし、パソコンでも「Brave」とか「Arc」などの人気ブラウザはデフォルトで広告がオフになっています。 僕はAndroi

          ネットの記事メディアがだいぶ辛くなってきている感

          自分と違うお金の範囲の生活を調べて想像してみるといいかも

          こんにちは! こんな質問ができました。 面白い質問なので答えます! みんなが考えるお金持ちみんなが考えるお金持ちって「年収1000万円」とか「1億円持っている」とかだと思うんですが、これと、「お金持ちはこういう暮らしをしているんだろうなあ」と言うのはだいぶズレがあると思います。 港区でタワーマンションに住んでて、よくタクシーを使ったり、外食ばっかりだったり、高級な服やアクセサリーを買うんだろうなあ、と言うイメージとかですね。 例えば、年収1000万円の場合、ざっくり

          自分と違うお金の範囲の生活を調べて想像してみるといいかも

          歳をとったら、弱みを共有する時の詳細さが求められるという話

          こんにちは! 今日、キングコングの西野さんのVoicyでこんなことを言っていました。 これは耳が痛かったです。激痛だ。 なんとなく当事者になってから思うのは「20-30代くらいの時は、通用した言い訳は、40歳超えてくらいからケアしてもらえなくなる」と言うのがあるなと思っています。 どう言うこと?例えば、20歳で「コミュ障なんです」と言う人がいて、40歳の人が話すときは、やはり年上の方が気を遣ってくれるじゃないですか。「話すのが苦手なんだな、じゃあ話しやすい雰囲気にしよ

          歳をとったら、弱みを共有する時の詳細さが求められるという話

          日本はDXは遅かったけど、AIは結構早いのでは

          こんにちは! 今日は、お仕事でAIについて考えるシーンがあったんですが、これ実は「日本との相性がいいかも?」と思ったんです。 そのことについてゆるく書きます! DXがやや苦手な日本DXというものが日本でも浸透して、ずいぶんと変わりました。なかなかデジタルに舵を切れないね、と言われてたんですが、多くの人たちの頑張りで、相当な部分がDXしてきています。 DXとはデジタルトランスメーションの略なんですが、「デジタル化」とはちょっと違います。デジタル化は「今まで紙の書類を出し

          日本はDXは遅かったけど、AIは結構早いのでは

          新しい言葉を知ると新しい認知を増やすことができる

          こんにちは! 最近、こんな本を読んでいます。面白いです。 ムラブリ、という民族はほとんどの人が知らないと思いますが、タイとラオスに住む少数民族です。森の中で暮らして、狩猟採集を主な生業としています。 ムラブリ語は文字を持ちません。これは珍しいことではなくて、世界で話されている6000-7000語のうち、42%は文字を持たない言語だ、と本書では説明されています。 そして、一番面白かったのが「ムラブリ語を話せるようになると、ムラブリの身体性を獲得することだ」と筆者が言って

          新しい言葉を知ると新しい認知を増やすことができる