けんすう

・インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。アルという会社の代表です…

けんすう

・インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。アルという会社の代表です!最近だとナマケモノをモチーフにした、きせかえできるNFT「sloth(すろーす)」というのを作ったりしています。 アルの実績やお問い合わせ先:https://alu.co.jp

マガジン

  • アル開発室

    【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://aluinc.notion.site/fb1fb85b85f14bb1b75185569729a777

  • 【初めての方に】アル開発室 人気5記事おためしパック

    • 5本

    「アル開発室」の特に読まれている人気記事を、5本500円でお楽しみいただける【おためしパック】です。

  • クリエイターエコノミーラボ

    「クリエイターエコノミー」について、どういうサービスがあり、どういうクリエイターが、どうやって成功しているのか?というのを書いていきます。クリエイターさん向けです。

  • アル開発マガジン

    • 17本

    マンガサービスの「アル」での更新情報や開発の裏側などを「お伝えするマガジンです!

最近の記事

  • 固定された記事

NFTを一般に広げるための「sloth」プロジェクトの紹介

こんにちは! すっかり今年に入ってから、NFT系のことしかやっていない、アル株式会社のけんすうと申します。 今日は、新NFTプロジェクトの「sloth」について話させてください! 「NFT」という単語が広まってずいぶんと経ちます。 NFTについてあまり詳しくない人は、「アート的な画像を高額で取引している」とか「安く買って高く売る」というイメージがあるかもしれません。「詐欺とかの温床だ」というネガティブな印象を持っている人もいます。そして、残念ながらそれらの一部は事実で

    • 40代はオリジナリティが大事じゃないか?という話

      こんにちは! こんな質問が来ました! 気になる人も多そうなので答えます! 元々どう考えていたのか僕が元々どう考えていたのか、というと「20代は色々やる、30代は専門家になって、40代はオリジナリティで勝負する」みたいなやつです。 これは僕の発明じゃなくて、どこかの自己啓発本に書いてありました。 よければこちらの記事をお読みください。 んで、上記の記事を書いてた時には、多分まだ30代だったので、40第二なってどうだった?ということを答え合わせすると・・・。この方針は

      ¥980
      • 「ハイパー起業ラジオ」というPodcastをやっています&利用をオープンにします

        こんにちは! 実はこっそりとハイパー起業ラジオというPodcastをやっておりました。 https://open.spotify.com/show/1jqqag2PGUtWIHgQ2AU9zg ぜひ、登録、高評価など、よろしくお願いします!Podcastは本当に拡散されないので、聴いてくださる方の地道な口コミが大事なのです。 ハイパー起業ラジオは、プロデューサーとして、コテンラジオなどのパーソナリティを務めてらっしゃる樋口さんにお手伝いいただきながら、IT批評家の尾原

        • 怒りは反応が欲しいけど優しさは反応がなくても大丈夫

          こんにちは! 今日はちょっと適当なコラムです!ショートで書いてみました。 怒りと優しさの違いとあるPodcastに出てきたんですが、そこで出た話題として、自分で話してて「お、そうだな」と思ったのがあったのですが、、 それは「怒りは反応が欲しいよね」「でも優しさって反応がなくてもいいよね」ということです。

          ¥980
        • 固定された記事

        NFTを一般に広げるための「sloth」プロジェクトの紹介

        マガジン

        • アル開発室
          ¥980 / 月
        • 【初めての方に】アル開発室 人気5記事おためしパック
          5本
          ¥500
        • クリエイターエコノミーラボ
          0本
        • アル開発マガジン
          17本

        記事

          悩むコストは高いから、「これは本当に悩むべきか」には敏感になるべき

          こんにちは! マシュマロでこんな質問が来ました。マシュマロに答えていくの、記事でやってみようと思っているので、よければ質問ください。 面白いですね。 カフェの探し方とかよりも「瑣末なことで悩んでしまうほうが解決するメリットが高そう」と勝手に判断したので、その軸でお答えします! はじめに質問に答えるとはいえ、まずは質問に答えると・・・。 やはり写真をたくさん見るのが一番参考になるので人並みですが、食べログ、Googleマップのレビューを見ます。そこで大体わかるので・・

          ¥980

          悩むコストは高いから、「これは本当に悩むべきか」には敏感になるべき

          ¥980

          情報商材を売るのってどう?

          こんにちは! こんな質問が来ました。 情報商材に関してですね!こちら、一度記事を書いたことがあります。 上記の記事は、「情報商材がマッチする層はだいぶ狭いと思うけど、手っ取り早さを求める人が買っちゃうので、ミスマッチが凄い起こっている」ということが書かれています。 で、売るのはどうか?というと、シンプルで「価値がないものを売ってたら良くないし、価値があるならいいんじゃない?」くらいです。 ただし、数十万円する情報商材は、「価値がない、またはマッチしないと思った時にダ

          ¥980

          情報商材を売るのってどう?

          ¥980

          転職活動でよく聞かれる「弊社に何が貢献できるの?」に対しての答え

          こんにちは! こんな質問が来ました。簡単に言うと転職活動などの面接で「あなたはどのように、うちの会社に貢献できますか」と聞かれた時に、なんて答えるのがいいのか?と話です。 難しい問題ですが答えてみます! 結論基本路線としては、「段階をつくっておくこと」がいいと思っています。 その段階とは 「仕事において必要とされる分野」 と 「業界において、必ず必要とされる分野」 と 「個別の会社で必要とされそうな分野」 の3段階がおすすめです。つまりは 「仕事全体」→「業界全

          ¥980

          転職活動でよく聞かれる「弊社に何が貢献できるの?」に対しての答え

          ¥980

          ロールモデル見つからない問題を解決する2つの手法

          こんにちは! マシュマロでこんな質問が来ました! 良い質問ですね!ありがとうございます! 答えていきます! 分割しろ!ロールモデルがいないよ、論というのはとても聞く話なんですが、これを解決する一番の方法は「分割」です。 例えば「仕事の時はこの人」「プライベートはこの人」みたいに分けてしまうというイメージです。 しかし、それで見つからない、という場合もあると思うんですね。その場合にはシンプルに「もっともっと細かくする」です。 ここでのルールは「自分の理想全部にロー

          ¥980

          ロールモデル見つからない問題を解決する2つの手法

          ¥980

          ギャルマインドについて対談したよという話

          こんにちは! 先日、「企業とギャルマインドについて話そう」みたいなVoicyに出てきました。なんて? バブリーさんという、CGOドットコムという会社の総長(総長?)をやっている方と話してきたのです。 バブリーさんがやられているのは、ものすごい大枠で言うと企業のコミュニケーションを改善する組織の研修みたいなやつです。えらい人がいる場では若手が話せない、とかよくありますが、そこの場にギャルをたくさん読んで、ギャル式ブレストみたいなことをやることで、硬直化された組織のコミュニ

          ¥980

          ギャルマインドについて対談したよという話

          ¥980

          現時点での動画生成AIで何ができるのか?を試したまとめ

          こんにちは! 今日は、動画の生成AIが一つ強いのが出てきて、それを触っていました。 RunwayというやつのGen-3というものです。 興味ある人は触ってみてください! というわけで、動画生成AIは「まだまだ時間がかかるよね」と言われているものなんですが、2024年7月時点ではどうだったのか、と言うのを記録しておくと、将来見たときにちょっと面白いのではと思うので、メモがてら書いてみます。 どんな感じ?動画は綺麗だし、それなりに自然という印象です。ただし、写真よりも、

          現時点での動画生成AIで何ができるのか?を試したまとめ

          「やり切る」って何?定義を考えてみた

          こんにちは! こんな質問が来ました。 やり切るとは何か?という定義の話ですね!面白そうなテーマなので書いてみます! やり切るとは?やり切るとは?というと、一言で説明するのが難しいと思うんですが、基本的には、時系列に合わせて、4つに分解すると良さそうです。 正しい目標設定と行動計画を作る 試行錯誤しながら実行し、微調整を繰り返す これが正しいとみつけたら適切にリソースを費やし続ける 妥協せず高品質な成果物を作ること こんな感じかなと思いました。それぞれを簡単にみ

          ¥980

          「やり切る」って何?定義を考えてみた

          ¥980

          AIが普及すると人間関係が良くなる説               hy

          こんにちは! AIを相当に使っている弊社なんですが、日々、仕事の内容やフローが変わりまくってて、てんやわんやです。昔も、いろいろなソフトウェアが出るたびに、「うわー、世界変わったなー」とか思って、あたふたしてたんですが、いやそれが、1週間に一度くらい起こる時代なので、すげえことになっているなという感じです。 んで、AIを使っていると「AIが普及したら社会ははどうなりますか?と聞かれることが多くあります。 今日はそのことについて書きます! 人間関係が良くなるのでは個人的

          ¥980

          AIが普及すると人間関係が良くなる説               hy

          ¥980

          アテンションからエンゲージメントの時代へ

          こんにちは! 今日、とあるプラットフォーム企業の社長さんとランチをしたのですが、そこで「アテンションからエンゲージメントの時代になっているよねえ」という話が出ました。 これは僕が再三、ここでも言っていることなので、その通り!と盛り上がったのですが、改めて整理のために書いてみようかなと思います。 アテンションの時代SNSの時代が本格化してから、アテンションエコノミーと呼ばれたりすることがよくありました。 アテンションの時代とはなんぞや、というと・・・、、いわゆるSNSで

          ¥980

          アテンションからエンゲージメントの時代へ

          ¥980

          タスクは優先順位付けよりも「1つに絞る」という考えの方がスムーズかも

          こんにちは! 今日、とあるベンチャーの人たちの会合に行ってきたんですが、そこで、メンター的に話してくれた人の話がめっちゃ参考になるなと思ったので紹介します。 話のきっかけとしては、そこに参加していた、まだスタートしてまもないスタートアップ企業の方が「リモートで面接をしたり、リモートで働いたりすると、本当に働いているかどうか不安になる。実際に働いているところを見ずに、判断できるものなのですか?」と質問したことです。 それに対して、そのメンターの方は、「いろいろとやることを

          ¥980

          タスクは優先順位付けよりも「1つに絞る」という考えの方がスムーズかも

          ¥980

          会社選びで、人気度とか評判とかランキングで選ぶのはナンセンス

          こんにちは! こんな質問が来ました。 すごく切実な悩みですね!この辺り、悩む人もいると思うので書きます! 一番大事なこと結論で言うと、一番大事なのは 就職のランキングや、評判、世間的な「良い会社」という評判に惑わされずに、自分にとって一番良いと思う会社を選ぶ ということです。 当たり前のように見えますが、みなさん、ものすごい「人気ランキング」とか「口コミ」とかを気にするんですね。 これ、確かに気持ちはわかるんです。例えば、大学受験、みたいな場合は、如実に偏差値で

          ¥980

          会社選びで、人気度とか評判とかランキングで選ぶのはナンセンス

          ¥980

          勝ち方、負け方の話の続き

          こんにちは! 昨日、こんな記事を書きました。 これに対して、こういう質問をいただきました。 答えていきたいと思います! ゲームで勝ちすぎたらダメ「バランスを考えて」と書いてありますが、これは大きくは間違っていないものの、なんとなく 周囲との調和を考えて行動するべき? 自分の意見があっても軋轢が起こらないようにするべき? みたいな感覚で捉えてしまっているのかなと思いました。 僕が言いたいことをもうちょっとシンプルにすると 人生は長期戦だから、長期で一番得をする

          ¥980

          勝ち方、負け方の話の続き

          ¥980