けんすう

インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。最近だと成長するNFTの「marimo」というNFTを作ったりしています。https://marimo.life

けんすう

インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。最近だと成長するNFTの「marimo」というNFTを作ったりしています。https://marimo.life

    マガジン

    • アル開発室

      【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://alu.co.jp/salon/dev-room

    • アル開発室(法人用/企業内回覧可)

      「アル開発室」法人用マガジンです。内容は通常の定期購読マガジンと同じですが、社内限定で転用・共有OKなプランです。 【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://alu.co.jp/salon/dev-room

    • クリエイターエコノミーラボ

      「クリエイターエコノミー」について、どういうサービスがあり、どういうクリエイターが、どうやって成功しているのか?というのを書いていきます。クリエイターさん向けです。

    ストア

    • 商品の画像

      ロケスタくんTシャツ(宇宙旅行)

      ロケットをモチーフに生まれたロケスタくんが、満を持してスペーストラベル! 80年代風のグラフィックで、地球を飛び出して宇宙を駆けるロケスタくんがプリントされたTシャツです。 大気圏を越える勢いで、ロケットのように突き抜けたいという方におすすめのアイテムです。 ※購入特典として、スマホ用壁紙をプレゼント! Designed by kimuchoco https://elu.jp/kimuchoco Model:164cm、Mサイズ着用 <Tシャツについて> 今回はTシャツ生地にもこだわった結果、日本発のTシャツブランド「GOAT」の半袖Tシャツを採用。 丈夫で透けにくいだけじゃなく、特殊加工により抗菌防臭、制菌、抗ウイルスにも対応。またトレンドを意識した大きめシルエットに加え、特殊な系で軽い着心地を実現した、脅威のハイスペックTシャツとなっております。 (その他仕様) ・綿100% ・袖口・裾は20mmの二本針ステッチ始末 ・7オンス ・中国製
      3,800円
      けんすうショップ
    • 商品の画像

      ロケスタくんTシャツ(エジプト)

      「ロケットがない時代にタイムスリップ!」 時空を超えて古代エジプトへ降り立ったロケスタくんが、現地の人々とともに描かれた壁画をイメージし、プリントしたTシャツです。 古代エジプト風のイラストと、ロケスタくんのゆるい雰囲気が絶妙にマッチしたグラフィックをお楽しみください。 ※購入特典として、スマホ用壁紙をプレゼント! Designed by kimuchoco https://elu.jp/kimuchoco Model:164cm、Mサイズ着用 <Tシャツについて> 今回はTシャツ生地にもこだわった結果、日本発のTシャツブランド「GOAT」の半袖Tシャツを採用。 丈夫で透けにくいだけじゃなく、特殊加工により抗菌防臭、制菌、抗ウイルスにも対応。またトレンドを意識した大きめシルエットに加え、特殊な系で軽い着心地を実現した、脅威のハイスペックTシャツとなっております。 (その他仕様) ・綿100% ・袖口・裾は20mmの二本針ステッチ始末 ・7オンス ・中国製
      3,800円
      けんすうショップ

    アル開発室

    【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://alu.co.jp/salon/dev-room

    すべて見る
    • ¥980 / 月

    世代や国によって感覚は全く違うというのを認識した上で、上にも下にも見ないのが大事

    こんにちは! 最近、Twtiterでも書いたんですが「親世代の感覚と子供の感覚って違うよねえ」という話から、この記事を書きたいと思います。 単純に順番だよね僕ら(今の40代くらい)の親世代は、「いい大学にいって、大手などのよい会社に就職してほしい」みたいなのがあったらしくて、言われた人は結構いるみたいです。 それを聞いてた僕らは「いや、、めっちゃ古い感覚だな」と思ったりしました。ピンとこなかったわけです。 じゃあ、今、僕たちが親世代になったらどうなるか、というところで

    スキ
    48

    けんすうオススメ書籍リストアップ 〜考え方が変わる本編〜

    こんにちは!アル開発室編集部です。 今回は、けんすうが過去にSNSやブログで紹介した書籍をピックアップして、けんすうのコメントと共にご紹介します! ※けんすうコメントは紹介当時の情報です けんすうオススメ書籍の第三弾は、『考え方が変わる本編』です。 書籍選びの参考として、ぜひ引用元の記事も併せてご覧ください。 僕は君の「熱」に投資しよう UNIXという考え方 その設計思想と哲学 SHIFT イノベーションの作法 パラノイアだけが生き残る ドラッカー名著集1 経

    スキ
    38

    マニアが業界を衰退させるから、マニアがいないものは強い

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    スキ
    68

    相手を怒らせない環境にする、というのも大事かなと思った次第

    こんにちは!今日、久しぶりにVoicyを投稿したけんすうです。 今日は「感情を刺激してくるものに注意する」というのは大事だよね、、ということについて書きたいと思います! 相手を怒らせない設計今日、ひろゆきさんがこんなことを投稿していました。 これは結構大事だなと思いました。感情を刺激しない、という意味でも結構いい方法なんじゃないかと。 Twitterでも書いたんですけど、「したらば」という当時ひろゆきさんがやっていたサービスのユーザーだった時、2回すべてのデータがぶっ

    スキ
    69

    アル開発室(法人用/企業内回覧可)

    「アル開発室」法人用マガジンです。内容は通常の定期購読マガジンと同じですが、社内限定で転用・共有OKなプランです。 【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリース背景、PR戦略などの考えや知見を、ほぼ毎日、投稿しています。 https://alu.co.jp/salon/dev-room

    すべて見る
    • ¥9,800 / 月

    学生からの質問に小笠原治さんと答えまくったよ(後編)

    2022年8月16日に、学生さんを対象としたイベントを開きました。 イベントといっても、ひたすら質問に答えていくだけのものです。 株式会社ABBALabの小笠原治さんと一緒に答えまくったのですが、その一部を記事化して、お送りいたします。 こちらは後編になります。前編〜中編はこちらです。 今度awabarに行こうと思ってます。どのくらいフラットな感じで人とお話できますか?話しかけても嫌がられない空気感でしょうか?小笠原:ポジショントークでいうと、「(awabar)いいと

    スキ
    35

    NFTについて考え続けたら、答えは「🟢まりも」になった件について

    こんにちは! 今、『web3』と呼ばれる、ブロックチェーン技術などを元にした新しいサービスの作り方が盛り上がっています。その分野で盛り上がっているものの一つが『NFT』と呼ばれるものです。 NFTという単語は聞いたことあっても「デジタル画像を売れる」とか「高額で転売とかできるらしい」みたいな印象の人も多いと思います。 まず、NFTとは?という点を、知らない方のために簡単に説明します。知っている人は読み飛ばしてください。 NFTとは「Non-Fungible Token

    スキ
    305

    スタートアップは有料noteをやってほしいという気持ちと、アル開発室をやっている理由

    こんにちは! この記事は「アル開発室」という有料マガジンのためのものなんですが・・・。これはやっている理由はいくつかあるんです。 その一つが「スタートアップに有料noteを流行らせたい」です。スタートアップほど、有料のnoteをやったほうがいい、できれば社長が書いたほうがいい、と思っています。 というので、スタートアップが有料のマガジンをやったほうがいい理由を書いてみたいと思います。 アル開発室とは?そもそも、この「アル開発室」というマガジンは何かというのを一言でいう

    スキ
    262

    学生からの質問に小笠原治さんと答えまくったよ(前編)

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    スキ
    28

    クリエイターエコノミーラボ

    「クリエイターエコノミー」について、どういうサービスがあり、どういうクリエイターが、どうやって成功しているのか?というのを書いていきます。クリエイターさん向けです。

    すべて見る

    アル開発マガジン

    マンガサービスの「アル」での更新情報や開発の裏側などを「お伝えするマガジンです!

    すべて見る
    • 17本

    アルを iOS 14 のウィジェットに対応した際いろいろハマったので共有します

    アル エンジニアの小川です、こんにちは。最近はフロントエンド・バックエンドの開発をメインでやっております。 さて、先日久々に iOS アプリを触る機会があり、アルのiOSアプリを話題のウィジェットに対応しました。このウィジェットは、ユーザーがフォローしているマンガの新刊情報を表示できるというものです。 今回はその際の気付きをメモしておきたいと思います。 なお、ここではウィジェットの基本的な作り方については触れません。最初から学びたい方は、公式ドキュメント等を参照してくだ

    スキ
    112

    Zoomでテレビ会議をする上での便利な機能

    はい、どうも!アルの koogawa です! 弊社はテレビ会議によく Zoom を使っております。今回はこれまで我々が得た知見をもとに、便利な Zoom の機能を紹介していきたいと思います。 では、さっそく行ってみましょう! バーチャル背景機能バーチャル背景機能を使用すると、Zoom会議中に背景として画像を表示することができます。 バーチャル背景には予め用意された画像のほか、自分が撮った写真等をアップロードすることもできます。 自宅の部屋を映したくないときなどに便利

    スキ
    68

    アルのiOSアプリをダークモード対応したときの知見

    こんにちは!アルの iOS アプリを開発している koogawa です。 さて皆さま、iOS 13 から追加されたダークモードはもうお試しになられたでしょうか?ダークモードには「目が疲れない」「バッテリーの節約にもなる」といったメリットがあり、Apple も推奨している機能の1つですね! アルのアプリでもさっそくこのダークモードに対応しましたので、その際にやったことを共有したいと思います。 色を整理するXcode の Color Assets 機能を使い、アプリの各画面

    スキ
    25

    iOSDC Japan 2019 に参加してきました #iosdc #アル 開発ブログ

    こんにちは!アルでエンジニアをやっている koogawa です!9/5 からの3日間、iOSDC Japan 2019 という iOS のカンファレンスに参加してきましたのでさっそく内容をレポートしたいと思います。 iOSDC とはiOSDC は、iOSアプリなどiOS周辺技術に関わるエンジニアが、技術的なノウハウを共有するためのイベントです。 トークのテーマは必ずしもiOS関連の話である必要はありません。iOSエンジニアが聞いて面白ければ何でもアリです! 会場ではノベ

    スキ
    14