けんすう
物語思考からWeb3xアート思考でネット社会の歪みを癒やす(後編)
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

物語思考からWeb3xアート思考でネット社会の歪みを癒やす(後編)

けんすう

こんにちは!

今日は、以前やった、IT評論家の尾原さんとの対談の後編をアップします。めっちゃ楽しい対談だったんですが、かなりあっちにいったりこっちにいったりしています。

前編

中編

社会彫刻とWeb3

けんすう:あとは、都市伝説のNFTをやりたいんですけど。「Twitterで、みんながその話をしなくなったら消えちゃう」をやりたいんですよ。

尾原:おお! それはすごく良いニオイがするなぁ。

けんすう:「口裂け女」って、みんなが言っているから存在するのであって、みんなが言わなくなったら存在しないじゃないですか。ということは、「NFT上でも消えるよね」ってなっていると、けっこうおもしろいんじゃないかなと思っていて。都市伝説だと、わりとエンタメ要素が強いんですけど。

尾原:ディズニーの『リメンバー・ミー』みたいにすると、追悼の感じになるよね。

けんすう:そうですね。例えば「ウクライナの国旗のNFTを、寄付にします。ただし、みんながウクライナの問題について話さなくなったら、これは価値がなくなるので消えます」と言われると......。

尾原:その話って、社会彫刻的にすごく意味があって。3ヶ月前くらいに、イーロン・マスクが「Current  things(カレント・シングス)」と投稿したら、めっちゃ炎上したという話があります。

Current of things=みんな、最近のネタをツイートするよね」と揶揄して、「最近のことばっかりじゃん、俺たち」という投稿をしたら、おもしろいことに「私たちがウクライナの話を真剣に言っているのに、お前は何を言うんだ!」みたいな感じで(炎上して)。

イーロン・マスクは「〇〇のことを言っている」とは言っていないのに、周りの人たちが「私が今真剣に思っていることを、なんてこの人はヒドいことを言うんだ!」みたいに勝手に炎上したという、とてもおもしろい現象なんです。

けんすう:これね、有名な「みんなの忘れたニュースBOT」(です)。

尾原:知らねぇよ(笑)。

けんすう:知らないんですか? これ、めっちゃおもしろくて。「みんながウクライナについて話さなくなって31日が経ちました」って、グラフで出るんですよ。

つまり、30日前はみんなけっこう話していたことが、ほとんど話さなくなってから30日経った時に、自動ツイートするという。

尾原:すごい! それはすばらしい社会彫刻だね。

けんすう:そうなんです。

けんすう:昔話題になったもので、今話されなくなったものを自動ツイートすることによって、みんなが超思い出すんです(笑)。

尾原:もう1回思い出して、「それはトレンドだからみんなが語ったことなのか、本当にこれは語り尽くすべきなのか?」という、振り返りのタイミングを与えてくれているわけだよね。

けんすう:そうですね。多くのTweetがRTされているんで、やっぱり思い出しているんでしょうね。

尾原:「ツイートしなくなったら消滅するNFT」って、さっき言ったように社会彫刻性を帯びていて。

つまり何かというと、NFTを買う時は「これはバズるんだけど、長く語り継がれるものかどうか?」を投資基準にするわけじゃん。それって、みんながファーストインターネットのトレンドからトレンドに飛びつく中で、「長く語り継がれるものを選んで、そこを買う」という投資判断をした人が儲かるという。

「飛びつくことがインターネットじゃなくて、長く続くことがインターネットだ」という意思表示になるので、すごく社会彫刻性を帯びるから、はっきり言ってめっちゃ儲かると思うぞ。

それはグローバルローンチでやるべきだし、「イーロン・マスクがフォローしている人が、ツイートしてくれそうなところ」の距離を図って、イーロン・マスクの目につくように頑張れば、イーロン・マスク、絶対にツイートするぞ。

けんすう:(笑)。ありますよね。

けんすう:吉野家の「生娘をシャブ漬け戦略」発言って、僕もこれを見るまでしばらく忘れてましたけど、やっぱりみんなもぜんぜん話していないんだなという。

尾原:今言ったように、「知らないうちに、自分たちが歪んでしまっていること」があって。「トークンで儲かるから」という理屈の中で、知らないうちに歪んでしまっていることに対して、僕たちが反省を促す行為が社会彫刻なんですよ。

けんすう:なるほど。

尾原:社会彫刻というのは、ちょっと耳慣れない言葉なんですけど。何かというと、みんなが考えたほうが良いことを、アートのデモとかフラッシュモブとか参加型のアートにすることによって、「ふだん考えないけど、考えるべきこと」を提案していくものです。

社会彫刻はWeb3とすごく相性が良いし、僕たちが知らない間に歪んでいることを、20世紀、21世紀の最大の歪みである「投資によって儲けたい」という資本主義を皮肉りながら、インターネットの歪みを皮肉る。それはものすごく社会彫刻性を帯びるので、確実にグローバルでウケる。

けんすう:その歪みをなくすために、金銭欲みたいな話があって、歪みがなくなる。

尾原:そうそう。

けんすう:でも、さっきの「お金を持っていると文字が大きくなる掲示板」の拡張ネタで思ったのは、「お金を持っていない人の意見でも、応援したいと思ってお金を払えば大きくなる」とかにすると、良くないですか?

尾原:確かに。逆にね。

けんすう:「イーロン・マスクとお金を持っていない人が議論しているけど、イーロン・マスクじゃなくて、こっちが正しいじゃん」ってみんなが思うと、追加課金して(文字が)大きくなる。

そうすると、「お金持ちの意見とか偉い人の意見が大きいと思っていたけど、俺ら変えられるじゃん」という感覚が出るのではないかと。

尾原:さらに、その仕組み自体を買収できるようにしておくと、「イーロン・マスクが買収する」という壮大なコメディが完成する。

けんすう:(笑)。そうですね、大炎上して終わる。

尾原:「イーロン・マスクがTwitterの次に買収したのは、Twitterのイーロン・マスクを批判するアートTwitterでした」と(笑)。もしくは、ジャック・ドーシーが買収してくれる。

「歪みを、儲けたい気持ちでなくす」という、二重のアイロニー(ですよね)。

クラレッタのスカートを直す

けんすう:「クラレッタのスカートを直す」という言葉があって。

尾原:それは何なのよ。本当によくネタが出てくる(笑)。

けんすう:(笑)。ムッソリーニの恋人が、クラレッタって人なんですけど。第二次世界大戦が終わるくらいに銃殺されて、広場に晒されたんです。

群衆が熱狂しちゃって、その死体を逆さに吊るしたりしていたら、クラレッタのスカートがめくれて。周りの観客は盛り上がっちゃうんですけど、椅子に登ってスカートを戻して、自分のベルトで縛ってめくれないようにしてあげた人がいて。

尾原:なるほど、そこで我に返っちゃうんだ。

この続きをみるには

この続き: 8,381文字 / 画像3枚

けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!(法人用プランです。企業内で回覧したい方などはこちらを購読ください)

「アル開発室」法人用マガジンです。内容は通常の定期購読マガジンと同じですが、社内限定で転用・共有OKなプランです。 https://alu…

けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

「アル開発室」は、クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル株式会社の裏側を知れるマガジンです。アル代表けんすうが、やっている事業の裏…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんすう

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

けんすう
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。