新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

この時代にクラウドファンディングをやるとしたらどうするといいか?

はじめに

今日は、クラウドファンディングについてです!

新型コロナの問題で、飲食店とか、いろいろなお店とかが立ち行かなくなってしまい、困った上で「応援されることでお金をもらおう!」と思い立っている人が多くいます。よく見かけます。

ただ・・・基本的に、今の時代になってから「クラウドファンディングをはじめる」という人は考えておかないといけないことがあると思っていて、、

それは「クラウドファンディングの使い方は大きくわけて2つある」ということです。

これをごっちゃにして「クラウドファンディングでお金をもらえばいいんだ」となると、事故る可能性が高いので注意です。

というので、説明します!

-- 😎宣伝 😎--

アル開発室は、Facebookでも運用しています。このnoteで投稿されているものはもちろん、他のスタッフによる投稿や、コメント機能なども充実しています。

過去ログも全部読めるというのと、初月無料なので、よければこちらで!

クラウドファンディングのメリットとは

お客さんにとってのクラウドファンディングのメリットはいろいろありますが、個人的には以下の2つが大きいと思っています。

- 先行販売をすることで先にキャッシュが入るから開発ができて、新製品ができて、新しいものが手に入る
- 応援したい人を応援することができる

もちろん、お金を集める側は

- お金を先にもらえるので開発できて売れる、借金などのリスクが減る
- 応援してもらえてお金までもらえる

になります。

というので1つづつ見ていくと、、

先行販売のクラウドファンディング

先行販売については、わかりやすく、先にお金をはらうことで新製品を開発でき、それが手に入る、というので、「お客さんはリスクはとっているけど、製品が届く限り、ほぼ損しない」という性質です。

そして、新型コロナ問題の今、新製品じゃなくても「単なる事前販売プラットフォーム」として使うこともできます。

今回のコロナで困っている人が、これを使うのはおすすめです。

たとえば、NORAという美容院さんが、新型コロナの影響をへらすために、「髪を切るチケット」みたいなものを事前販売して売ってたりします。

これによって何が起こっているかというと、事前販売は損しないのでサクサク売れる、という面に加えて「チケットがギフトとして使われている」などです。将来のお金が先に入るだけでなく、新たな需要が生まれているという感じです。

この続きをみるには

この続き: 2,556文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に1度更新されます!単発では100円以上で売るので、殆どの場合、月額のほうがお得です。たぶん。 なお、文章はかなり変えているとはいえ、内容は基本的に「アル開発室」(https://salon.jp/alu)でも更新されているものなので、ご注意ください。

アル開発室

月額980円

インターネットについてや、仕事などについて、週に1度、記事を更新します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😭
63
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

こちらでもピックアップされています

アル開発室
アル開発室
  • ¥980 / 月

インターネットについてや、仕事などについて、週に1度、記事を更新します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。