見出し画像

今のところのNFTの価値とどうなっていくかの予想

けんすう

こんにちは!

最近、成長するNFTの「marimo」というのを出しました。

初心者向けに、「売り買いを目的にするものではなくて、成長する感じを楽しむ」というコンセプトで提供しています。

一次販売は数分で完売(1万個)だったんですが、二次販売ではまだ買えるのでよければ買ってください。

https://opensea.io/ja/collection/marimo-life

このmarimoの次なる展開としては「marimo.life」というサイトのほうを充実させていく予定になっています。

たとえば

  • 名前をつけられるようにする

  • お互いにmarimo同士で友達になれたりする

  • 対戦ゲームみたいなことができるようになる

などです。

専門的な用語を使うと、marimo自体の性能や大きさなどはブロックチェーン上に書き込まれる(オンチェーンといったりします)のですが、その他のデータはオフチェーンに書き込む形になっています。

わかりやすくいうと、本物のまりもを友達からもらったときには、友達がつけてた名前をそのまま踏襲しなくてもよいので、名前をつけかえることができます。しかし、まりもの大きさや性質は変わらないわけです。

この、変わらないものはブロックチェーン上に書いておいて、それ以外はオフチェーンでやることで、簡単に更新できたりする、という形を考えています。

NFTはどうなっていくのか?

で、NFTを触って「これからどうなっていくのかな」というのを、今のところの感触だけでまとめてみます。

NFTはどうしても今は、「投機的な一点モノのアート」みたいに捉えられたりするんですが・・・。しかし、自分でやってみた感じ、この使い方はおそらく、ものすごいニッチになるんじゃないかと思っています。

一点モノのアートとしてのNFTは一部の高級品のみが残っていくような気がしますが、一部の、本当にハイブランド化されたNFTだけが残るのかなと。

この続きをみるには

この続き: 2,106文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

アル開発室

¥980 / 月

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんすう

サポートされたお金はすべて、クリエイター支援のための会社運営に使われます!

けんすう
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。最近だと成長するNFTの「marimo」というNFTを作ったりしています。https://marimo.life