友だちが多い人が、芸能人の不倫ネタに興味がない仮説

なんか、芸能人が不倫とかするじゃないですか。それに対して、結構な熱量で怒っちゃう人って多いと思うんです。

それに対して、「なんでそんなに芸能人の不倫ネタに熱くなれるの?」と本気で不思議がっている人たちもいます。

そういう人たちが、みんな他人の噂話とかに興味がない人たちかというと、別にそうではありません。友だちのうわさ話は好きだったりする人も、「芸能人の不倫ネタとかどうでもいいじゃん」となってたりします。

なので「他人の下世話な話題に興味がある / ない」は関係ないかもしれない。では、下世話な話題が好きな人の中でも、芸能人ネタに熱くなれる人と、そうでない人がいるのはなぜなのでしょうか。

友だちの多さが関係している仮説

なんでだろー、と思っていたんですが、ふと気づいたことがあります。僕の周りで、「芸能人ネタに興味を持たない人」の多くが、Facebookの友だち数が多い人が多かったんですね。

そこで、ちょっとした仮説が生まれました。これは「友だちの数が少ない人のほうが、芸能人ネタに熱くなれる」というものです。

友だちの限界数と、映像を認識できない脳

友だちの数は何人?」という記事で読んだのですが、気の置けない友だちの限界数は、だいたい150人くらいという噂なのですね。そして、200人以上友だちがいる人もかなり稀らしいのです。本には

ひとりひとりをきちんと認識できるのは、150人前後の集団まで(P25)

と書いてあります。

逆にいうと、150人まではいけるんですね。

そして、こういう説もあります。人間の脳は、映像と実際の人間を区別できないという説です。

藤沢 人間の脳は仕組み上、映像の中の人間関係と実際の人間関係を区別できないんです。

—— 区別ができないって、どういうことでしょう? ドラマを見ていても、テレビの向こうの話であることや、フィクションであることは認識できると思うのですが。

藤沢 もちろん時間をかけて考えれば区別できるのですが、もっと原始的な感情の部分では、うまく現実の中の世界とモニターの中の世界の区別がついていないんです。

インターネットは、現代社会にバラ撒かれたアヘンである。

となると、もしかしたら、友だちの数が少ない人は、テレビの中で、よく見る芸能人とかを、友だちや仲間だと錯覚してしまっているのではないかと。

これが友だちが150人以上いたら、テレビの芸能人を知人だと思う余地がないので、単なる芸能人として認識される。だからそこまで熱くなれない。

もちろん理性ではわかっているはずです。芸能人は友だちではない、と。ただ、原始的な、本能の部分では、あまり区別がついていなとしたら・・・。

まるで、自分が知っている人が不倫をした、みたいな感じになるので、身近な話題になるわけです。なので、割と盛り上がってしまうんじゃないかなあ、と。

本当はどうなんだろ

まあ、というものを考えてみたんですが、本当のところ、どうなんでしょうねえ。。。

単に、石を投げやすい人に石を投げて憂さ晴らしをする、というだけかもしれないですし、ネットで炎上が可視化されたことによって、「芸能人ネタに熱量を持てる少数の人」が目立っているだけなのかもしれません。

まあ、ただ個人的には、芸能人の不倫ネタとかが、ワイドショーの大きな時間を割かれてしまうのは、(コンテンツとして)つまらないなあ、とは思うので、減っていくといいなあ、と思う派です。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😻
64

けんすう

インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

コメント1件

よくあることですが、アイドルファンが自分の推している人のスキャンダルに過剰に反応しがちなのも同じですね。たぶん、そこには無意識のうちに感情移入というか、実際に会ったことなくても、まるで近くにいる人かのように錯覚してしまっている。特に、SNSとかで芸能人たちのリアルな情報に触れる機会が増えたことも要因なのかなと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。