謙虚さアピールの仕方が間違っていると逆効果だよね、という話

おまえらもそうだと思うんですけど、僕たちって褒められ慣れていないじゃないですか。

だから、たまに「古川さんってすごいですよね」とか言われると、全力で否定しちゃったりしますよね。「いやいやいやいやいや!僕なんてカスムシですから!もう本当、人類の中でもマックスで底辺ですから!」みたいな反応しちゃいます。

しかし、これは、よく考えると

- 「相手がAという意見をいう」
- 「それに対して全力で否定する」

という構造になっており、ほめたほうは「お前のいっていることは全然違うよ、バカじゃないの」っていわれている気持ちになっちゃうわけです。

いや、わかっているんです。いきなり褒められてびっくりしちゃってたり、褒められて「ありがと☆」とかいうと、調子のっている感じがしちゃっていやだ、とかそういう感じなんですよね。

もちろん、謙虚さというのは非常に重要です。しかし、謙虚さのアピール方法を間違ってしまっては、逆効果どころか、喧嘩を売っているのと同じだなあ、と最近思ったのですね。

じゃあ、どういう形にするのがいいか。一番いいのは、ほめ返すことではないかと。

「いやあ、ありがとうございます。○○さんにそう言われると、とてもうれしいです。しかし、すぐに相手のいいところを見つけて、さらっと褒められるのって、本当にすごいですね。僕、相手を気持ちよく褒めるのが苦手なんで、羨ましいです」

みたいな感じじゃないかと。

これだと

- あなたの言っていることは正しいよ
- 尊敬しているあなたに言われたのが嬉しいよ
- あなたのそのほめ能力がすごいよ
- 僕はその能力ないので(謙遜)、うらやましいよ

という、いろいろな要素を盛り込めて相手に返せます。

というわけで、褒められていない僕らは、これがスラスラと出るように、家で練習したいところですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😭
124

けんすう

コメント9件

「褒められて」「謙遜して」…と、デリケート過ぎること扱う~と思いきや、冒頭が「おまえらも」って、どーいうコンセプトの文章屋さんかすぐ判っていいすね。ww
日本人は謙虚さが美徳だと思っていますが、海外です誉められたときに否定なんてしてしまうとコンプリメントを受け取れないという意思表示となってしまい失礼に当たるんですよね
これはよいおはなし
褒められた時どう返していいかわからなくて、悩んでました( ̄▽ ̄;) 何も言葉でなくて無視みたいになっちゃってたから、これ凄い参考になりました!ありがとう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。