結果が出ていない時は、進捗度で考えると楽になる

Facebook版の「アル開発室」では、毎週月曜日に質問を受け付けて全部本気で答える、、というのをやっているのです。

で、そこでいい質問がありました。それは

「とある、社会的にいいことをSNS上でしている人がいた。素晴らしいので、自分もやりたい。でも自分の影響度が少ないので、反応がなさそうだ。どうしたらいいか」

というものでした。

他人の社会のためになる活動を自分もしてみよう、というふうに思えるのがまず素晴らしいですね。そして僕の答えは、ざっくりいうと「知名度がないことを武器にしてやってみましょう」というものでした。

その質問をした人は、それをすぐに実践したのです。それも素晴らしい行動力だな!と思いました。アドバイスをとりあえず実践できる人は実はあまりいないので、それだけでもかなりイケています。

そして、やってみた結果なのですが・・・。やってみたけど、反応がなかったらしく、その質問者の方は「悲しかった」という風に言っていました。

やっぱり結果がでないと悲しいですよね。

しかし、そこでやる気をなくしたり、落ち込んだりするのはもったいないなー、と思うので、というので、そういう時のための思考法を書いておきます。

この続きをみるには

この続き: 2,125文字
記事を購入する

結果が出ていない時は、進捗度で考えると楽になる

けんすう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😍
120
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

こちらでもピックアップされています

アル開発室
アル開発室
  • ¥980 / 月

インターネットについてや、仕事などについて、週に1度、記事を更新します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。