オンラインサロンがなぜ人気なのかを情報の希少性から考えてみた

最近、オンラインサロンというものが人気らしいです。オンラインサロンとは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティらしいです。

なんかすごい怪しいですね。怖いです。不確かな情報とかを売りつけられそうだったり、自分のプロダクトをシェアするように強要されたり、宗教のようにサロンオーナーを崇めたりしてそうです。

ちなみに「みんなのオンラインサロン」というサイトによると、3700件以上のオンラインサロンがあるらしいです。

見てみると、オンラインサロンといっても

- 西野亮廣エンタメ研究所や、アル開発室のような、プロジェクトの物語を見せる系のサロン
- 知識やHowtoが身につくサロン
- 人とのつながりを作ったりするサロン

などと様々なものがあるみたいです。

んで、何でこんな中に入れないと内容が見れないような怪しいものにお金を払う人がいるんだろう、と思ったのですが理由としては

① 「インサイダーの情報の価値があがっているから」
②「スピード感のある情報の価値がなくなっているから」

なんじゃないかと思いました。

というので、今回はそのことについてちょっと書いてみたいなーと思います。

希少価値がある情報とは何か

人間は「希少価値がある情報を、価値がある情報と思いがち」というのがあると思っています。

ここでいう「希少価値がある情報」とは何かというと、

多くの人が知らないけど自分が知っている情報

です。

で、多くの人が知らないけど自分が知っているというのは、どういう時に出現するかというと、主にスピードの問題か、ソースの問題かのどちらかだと思うのですね。

つまり

- スピード・・・他の人が知る前に先に情報を知っている状態
- ソース ・・・他の人が知り得ない情報源から情報を仕入れている状態

この2つが起点となって、「多くの人が知らないけど自分が知っている情報」が生まれるのではないかなと。

んで、、

逆にいうと、これらが満たされていると「価値のある情報だ!」と錯覚してしまうのではないかと思っています。

たとえば古代の時代とかは「実際にいった村人Aによると、あそこに木の実がたくさんなっている」とか「あそこに猛獣がいた」みたいな情報は、自分たちだけが知っていれば独占できたわけで、めちゃくちゃ貴重だったわけです。

誰の目からもみても、木の実が大量にある場所には殺到するわけなので、取り分が小さくなってしまいます。なので、他の人が知り得ない情報が重要になります。

また、その情報の鮮度が1日前のものなのか、100日前のものなのかでいうと、新しいほうが価値があります。100日前の「木の実がたくさんある」という情報は、今いったらなくなっている可能性も高いのです。

というので、「スピードが早い情報だったり、ソースが独自の情報に価値があるように人間は思う」というバイアスがあるんじゃないかと仮説を持っています。

実際は・・・?

で、、、今の時代、独占されている情報よりも、90%の情報が「多くの人がアクセスできる情報」のほうが精度が高いんですよね。

-- 😎広告😎 --

ここから先は有料の「アル開発室」に入会すると読める記事です。アル開発室は、Facebookバージョンとnoteバージョンがあります。内容は微妙に違いますが、Facebookバージョンだと、過去ログ読み放題、僕以外のスタッフの投稿も多いので、そちらがオススメです!

-- 😎広告😎 --

この続きをみるには

この続き: 2,552文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に1度更新されます!単発では100円以上で売るので、殆どの場合、月額のほうがお得です。たぶん。 なお、文章はかなり変えているとはいえ、内容は基本的に「アル開発室」(https://salon.jp/alu)でも更新されているものなので、ご注意ください。

アル開発室

月額980円

インターネットについてや、仕事などについて、週に1度、記事を更新します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😊
147
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

この記事が入っているマガジン

アル開発室
アル開発室
  • ¥980 / 月

インターネットについてや、仕事などについて、週に1度、記事を更新します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。