自分が勝手に想像する限界を破る方法

よく会社のメンバーとか学生さんが、キャリアや「将来やりたいこと」に悩んだ時にやってもらうのが「何の制限もなかったとしたら、何をしたい / どうなっていたいか100のリスト」みたいなものを作ることです。

これ自体は、いろいろなビジネス書に書いてあるので、たいしたことではありません。

そして、これを作ってもらうとわかるのが、みんな「驚くほど、勝手に限界をつけて書く」ということです。これはほぼそうなります。僕でもそうなります。

条件として「何の制限もないんですよ」といっているのにも関わらず、そうなっちゃうんですよね。

たとえば・・・

- 年収600万以上になっていたい
- ハワイで一週間過ごしたい
- 資産1億円持ちたい

などです。

こう、このリストをつくる時点では、別に何を書いてもよく、一番の理想の姿を書けばいいだけなのに、こんな現実的な数字にしちゃったりします。

つまり、人間、自然と「ここまでが現実的かな」というラインを勝手に定めちゃっているということなのです。

この「やっていたい人生の100のリスト」みたいなのを作る目的は、ある意味、勝手に作っている頭の中の限界を取り除いて、本当のゴールを把握し、それに向かって正しく行動をすることだと思っているので、その限界に気づけることはいいことです。

限界を取り除く方法

というわけで、せっかく頭の中で勝手に作っている限界に気づけたら、そこを取り除いてみるとおもしろいです。

あ、すいません、ここから有料にしているのが、若干、僕の話を入れているからで、多くの人に見られるとあれやこれや言われて嫌だなーと思うからです。有料ウォールです、すいません。

この続きをみるには

この続き:3,169文字

自分が勝手に想像する限界を破る方法

けんすう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😍
553

けんすう

インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

○○年前の自分へのアドバイス

店舗設計を仕事にして10年超え。就職、独立、結婚、育児。人生中盤スタート地点、キャリアも中堅を迎えた今だからこそ伝えたい、昔の自分へのアドバイス。
12つ のマガジンに含まれています

コメント1件

いつも参考になるnoteをありがとうございます!試してみます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。