「やりたいことをやったほうがいい」という考えは主流じゃなくなるかも

けんすう

今日Twitterに投稿したら、RTが1000を越えてたので、そのことについて話します。

内容としては「やりたいことをやったほうがいい」みたいなのはもう終わっていくのではないかなあ、という話です。といっても、10年とか20年の話ですね。

僕らは自分の生きている時代の社会と、常識が当たり前だと思ってしまうので、たとえば僕の周りの20〜50歳くらいの人は

  • 人は身分とかに関わらず自由に生きるべきで

  • 国や家族とか会社からこうしろと強制されるのはよくないことで

  • 自分のやりたいことを見つけて、それを全力でやるのがいい

  • 自分の人生は自分で決めることができる

みたいな価値感が色濃くあったりします。

もちろん、ちょっと住んでいる場所が違ったり、年齢層が上だったり下だったりするとだいぶ違うんでしょうが、まあそこまで差がありません。

ただ、この価値感はなんかもう古くなりつつあるなあ、という気もしていて・・・。ふんわりとですが、そんな風を感じていたりします。

価値感は時代によってぜんぜん違う

こういう価値感は僕らの中から出ているのではなくて、社会から影響を受けています。

この続きをみるには

この続き: 1,787文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

アル開発室

¥980 / 月

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリー…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんすう

サポートされたお金はすべて、クリエイター支援のための会社運営に使われます!