見出し画像

学生からの質問に小笠原治さんと答えまくったよ(後編)

けんすう

2022年8月16日に、学生さんを対象としたイベントを開きました。

イベントといっても、ひたすら質問に答えていくだけのものです。

株式会社ABBALabの小笠原治さんと一緒に答えまくったのですが、その一部を記事化して、お送りいたします。

こちらは後編になります。前編〜中編はこちらです。


今度awabarに行こうと思ってます。どのくらいフラットな感じで人とお話できますか?話しかけても嫌がられない空気感でしょうか?

小笠原:ポジショントークでいうと、「(awabar)いいとこなんで来てください!」ってなるんですけど(笑)。

けんすう:いいところ!

小笠原:かなり日によりますね。狭い店なんで、ちょっと雰囲気強めの人とか、ちょっと有名な人とか、 大人数で来てる人がいると、その人たちの空気感に染まっちゃう。

立ち飲みなんで、嫌だったらすぐ出ていただいていいので、あんまり気にせずフラッと来ていただけたら!あと早い時間は人が少ないです。

で、話しかけるのも直接横のお客さんっていうより、店員と喋ってて、店員通じて話しかけるみたいなのがいいですね。

けんすう:あ〜、たしかに。他の人と話してるところに、いきなり混ざってこられると、したい話ができなかったりするので、結構嫌がられることがあるので……。

店員さんに「僕、起業しようと思ってんですけど、起業家の知り合いいないんですよ。良さそうな人いたら、ちょっとつないでください」とか言った方が、暇そうにしている起業家を紹介してくれたりする。

あと、何回も行って店員さんと仲良くなるのがいいと思いますね。

小笠原:店員と仲良くなるのがベストです。

けんすう:僕とかは、5日連続で行ってさすがに顔を覚えてもらって、店員さんと仲良くなってから、他のお客さんと繋がるみたいなのが、1番やりやすかったりするので、そういう戦略を取るといいかもしんないですね。

小笠原:僕は、初めて行くお店とかだと、店員さんについ「お酒どうですか」って言っちゃうんですよ。5回行かなくても、3回で覚えてもらえるため、みたいな感じ。

けんすう:なるほど。これは学生さんは全然ピンと来ないと思いますけど、店員さんに奢るというプレイをすることはできますね。

小笠原:これはね、時短なんです。ソシャゲでいう課金なんですよ。

けんすう:たしかに(笑)。寿司屋さんとかでやる人も多いです。

小笠原:多いですね。

依頼の仕方や文面の工夫などで、気をつけていることは何ですか?

けんすう:必要な情報を端的に送るのと、気になるところを隠さない。 
「出演料は無料です」「10万円です」とか入ってる方がいいと思います。 あと、「こういうイベントあるんですけれども、登壇してください!」とか来ても、日程わからないと、「もはやわからん!」みたいなの超あります。

小笠原:とにかく最初にお金と時間のことは伝えますね。

けんすう:そうですね。

小笠原:どのぐらいの時間を奪っちゃうのかとか。

けんすう:たしかに。オンラインかオフラインによっても、3倍ぐらい時間かかったりするけど、その情報が入ってないとかはありますね。

あと、 明らかにテンプレートで送ってると、「無視してもいいや」って気持ちになる。

小笠原:なります!

けんすう:ちゃんと選んでくれたんだな、とわかるようにして断りづらくする。

絶対嘘だろうなと思いつつも、「ちょっと調べて知ってる感で書いてるな」と(相手が)分かったとて、重要だと思いますね。

小笠原:大事。

景品を用意したTwitterの投稿・拡散キャンペーンで、何をコメントさせるか考える時、大事なことはなんですか?

けんすう:めちゃくちゃ各論だ(笑)。 とんでもない各論がきた!

小笠原:これは何のためにやるのかを言ってくれないと(笑)。

けんすう:そうですね。フォロワー集めなのか、RTをやるのかによっても違いそうです。

といいつつ、「大事なことはなんですか」の答えは、「数値を見ながら何回もやる」だと思ってて……。

小笠原:あ、本当にそうですね。

けんすう:僕、昔ハマってて何度かやっていて、当時の記事がこれなんですけど……。


これ150万ぐらいアクセスが来て、日本のTwitterトレンドの10位中9個を占めるぐらいやり尽くしたというのがあります。

この続きをみるには

この続き: 8,248文字

けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!(法人用プランです。企業内で回覧したい方などはこちらを購読ください)

「アル開発室」法人用マガジンです。内容は通常の定期購読マガジンと同じですが、社内限定で転用・共有OKなプランです。 【全記事読み放題】ク…

けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

アル開発室

¥980 / 月

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんすう

サポートされたお金はすべて、クリエイター支援のための会社運営に使われます!

けんすう
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。最近だと成長するNFTの「marimo」というNFTを作ったりしています。https://marimo.life