リモートワークを楽しくするメンタル術

完全なリモートワークが3ヶ月くらいになろうとしていて、散歩すらしない僕は、だいぶ家から出ない人になっています。

で、よく聞く悩みとしては、「リモートワークが長期間になると、メンタルが不調になる」というのがあります。人と会わなかったり話さなかったりするだけでも落ち込みがちになっちゃったりしますし、だからといってZoomなどで話しても会うより疲れちゃったりしますし、そもそも日常のテンポが崩れるだけでも辛かったりしますよね。

というので、非常にしょうもないことがほとんどなんですが、僕がリモートワークが続いていても、ちょっと気分が楽しくなるためにやっていることを紹介します。

飛行機の中だと思いこむ

まず、ずっと同じ場所にいる、という風に思うと、ちょっと飽きが来てしまったりします。

そこで、僕は、「飛行機のときに最適な服」をすごい買ってみました。機内で最適!とか、パスポートが入ります!みたいなやつです。

そして、それを着て「今、僕は飛行機の中で仕事をしているんだ」と思い込むのです。

もちろん、理性では「ここは家だ」とわかっているのですが、潜在意識は、今、自分がどこにいるかは、服で判断しているので、機内用の服を着ているだけで「あれ?飛行機じゃね?」ってなります。

ポケットにはパスポートなどを入れておくと、より臨場感がアップします。

そうすると「やっぱりファーストクラスはめちゃくちゃ広いな・・・家みたいな快適さだ」と感動できますし、ごはんを食べる時も、「機内食おいしい!」となりますし、「最近の機内はWi-Fiも高速だし、気圧で耳も痛くならないし、すごいな!」となります。

オススメです。

山小屋にいると思い込む

似たものとして、ちょっとアウトドアの服を買って「今、自分は登山をして、山小屋で仕事をしているんだ」と思い込むのもいいです。

そして、アウトドア用のマグカップなどを買って、お湯を飲んだりします。僕はスノーピークの、なんかチタンのやつを買いました。

もちろん、理性ではここは家であり、山小屋ではない、とわかっているのですが、潜在意識は、今、自分がどこにいるかは、持っているマグカップで判断するので「あれ、これで飲んでいるってことは山?飲んでいるものもコーヒーとかじゃなくて単なるお湯だし、間違いなさそうだな」となります。

そうすると「最近の山小屋はきれいだし、全く寒くないな」と思えますし「トイレとかも家みたいにきれいだな!」と思えます。

ちなみに僕は、家でテントを広げて、その中に入ってみたりもしましたが、テントは熱いのでオススメしません。

利き腕を変えてみる

ちょっと変わり種としては、利き腕を変えて見るのも楽しいです。

僕は右利きなので、時計を左手にしてたのですが、これを右手にしてみました。理性では自分は右利きであり、時計を左手にしているだけ、とわかっているのですが、潜在意識では、時計をしている逆の手が利き腕だ、と判断しているので、右手に時計があるだけで「あれ、僕って左利きだっけ?」となります。

そうすると、何かするときに自然と利き腕じゃない方を使うことになるのですが・・・。そうすると、めちゃくちゃ下手なんですよ。

ただ、ずっとやっていると、だんだんうまくなってくる。理性では、別にうまくなったって何も役に立たない、とわかっているんですが、潜在意識は「昨日より何かがうまくなっている = 自分は成長している」と判断するので、なんか人生が前に進んでいる感が不思議とします。

ので、そういう手もあります。

というわけで

他にも「めちゃくちゃペイントされたジーンズを履いて、今までペンキ職人だったけど、いきなり慣れない事務作業をやらされることになったけど、やってみたら意外とエクセルが出来た」みたいな設定とかでも楽しんでいます。理性では自分はペンキ職人ではないとわかっているのですが、潜在意識では、履いているジーンズにペンキがついているだけで「あれ、僕はペンキ職人だぞ」と判断するので、結構気分を乗せることができます。

いろいろな脳内設定を作るだけで、リモートワーク生活が豊かになるので、ぜひとも試してみてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😭
372
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

こちらでもピックアップされています

グリッド・ソサエティ:世界のどこでも、仕事や学びや活動を。
グリッド・ソサエティ:世界のどこでも、仕事や学びや活動を。
  • 475本

コンピュータネットワークの発達は、あらゆる社会活動のあり方を根本から変えた。世界中で情報が即時共有され、人々は場所や空間の制約を受けない。 その時、これまで諸資源の一元集約によって成り立ってきた都市の存在意義は瓦解する。「ワンストップ」という都市生活の恩恵そのものが、災禍に際して機能不全に陥るという脆弱性を露呈したからだ。 のみならず店舗を構えての対面販売、従業員の事業所への出勤、生徒の学校への登校、訪問による販売や診察――社会活動プロセスがオンライン上=リモート(遠隔)で完結するのであれば、それらは意義を失う。 21世紀は、ビジネスや教育、政治、社会、宗教、思想哲学、そして日常生活の全てが「グリッド(分散)」化する時代である。 それは「意思ある群体」=人類にとって集団幻想の終焉、そしてホリスティック(全一的)な理想世界の到来であり、中央集権による全体(衆愚)主義とは軸を異にするものだ。

コメント (5)
面白すぎます!いつもながら奇才です!笑
面白そう❗️
早速、試してみますね😊
めちゃくちゃ楽しそうです😂✨
ちょっとやってみます❗️笑
素敵なアイデアありがとうございます✨
夜中の自宅でメチャクチャ笑いましたー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。