見出し画像

相手を怒らせない環境にする、というのも大事かなと思った次第

けんすう

こんにちは!今日、久しぶりにVoicyを投稿したけんすうです。

今日は「感情を刺激してくるものに注意する」というのは大事だよね、、ということについて書きたいと思います!

相手を怒らせない設計

今日、ひろゆきさんがこんなことを投稿していました。

これは結構大事だなと思いました。感情を刺激しない、という意味でも結構いい方法なんじゃないかと。

Twitterでも書いたんですけど、「したらば」という当時ひろゆきさんがやっていたサービスのユーザーだった時、2回すべてのデータがぶっ飛んだんですね。

資産とでもいうべきデータがすべて消えてしまうので、ちょっと困っちゃったのですが・・・。運営(ひろゆき)に文句を言おうにも「世の中にあるものはすべてなくなる運命。早いか遅いかだけだ」的なことをいわれてしまったのです。妙に納得してしまった記憶があります。

普通に考えると「なんてふざけた対応だ!」となるかもしれないですが、今考えると結構よい対応だったのではないかとすら思います。

というのも、振り返ってみれば、掲示板のログにそこまで怒ることないな、という気持ちになるんですね。時間がたてばそこまで重要なデータじゃないですし、残っていなければまあそれはそれでいいかな、という。

このように、「まあいいや」になって忘れるほうが幸せな時ってあるんじゃないかと思うんです。

この続きをみるには

この続き: 1,831文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

アル開発室

¥980 / 月

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
けんすう

サポートされたお金はすべて、クリエイター支援のための会社運営に使われます!

けんすう
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。最近だと成長するNFTの「marimo」というNFTを作ったりしています。https://marimo.life