見出し画像

なぜ上司は将来なっていきたい姿を聞くのか?

こんにちは!

マシュマロでこんな質問をいただきました。

いつもアル開発室でおもしろい文章をありがとうございます。
私は中小メーカーのエンジニア職で3年目なのですが、今度上司と「将来になっていきたい姿(3、5、10年後)」についての面談があります。
このような面談の、上司の意図はなんなのでしょうか?
私としては「もっと仕事ができるようになっていたい」くらいで、明確なビジョンはないのですが、なにかおすすめの返答はありますでしょうか?

たしかに、このあたりの意図がわからなくなったりすることはありそうだなあ、と思ったので、書いてみます。

もちろん、僕の個人的な意見なので、会社や上司の人の意見とは違うかもしれませんが、まあ参考程度に、、

将来について聞く理由

これを考える上で、まず逆を考えてみるといいと思うんですが、会社で働く上で「この会社はどのようになっていきたいと考えているか」というのは、なんだかんだ知りたい情報だと思うんですね。

ここから先は

1,662字
けんすうの視点でわかりやすくまとめた記事が毎月20本ぐらい読めます。ビジネス書1冊ぐらいの金額で様々な話題をキャッチアップできて便利です!

アル開発室

¥980 / 月

【全記事読み放題】クリエイターエコノミーの事業に挑戦しているアル社の裏側を知れるマガジンです。代表けんすうが、やっている事業の裏側やリリー…

この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,851件

サポートされたお金はすべて、クリエイター支援のための会社運営に使われます!