理解の優先順位をあげ、納得の優先順位をさげる

「仕事できる」って何?

よく「仕事ができる、できない」とか、「優秀だ、優秀じゃない」、、という話をしたりすると思うのですが、このあたりの定義って難しいですよね。

自分にとっての「仕事ができる」の解像度をあげていきたい、と思っているのですが、最近、とある学生さんと話していて、気づいた「仕事ができる」の一要素として「理解と納得の優先順位の違い」はあるんじゃないかと思いました。

どう違うの?

まず「理解」と「納得」の違いですが、辞書の意味でいうと

理解 = 物事のすじみちをさとること。わけを知ること。物事がわかること。
納得 = 他人の考え・行為を理解し、もっともだと認めること。

らしいです。

物事のすじみち、わけを知って(ここまでが理解)、そのあとに「もっともだ!」と認めるのが納得というわけです。

このあたりの範囲が曖昧な人と、はっきりと区分けできている人とでは、仕事の進行やクオリティに差がつくのでは?というのが最近思ったことで、それによる行動の結果「仕事ができる」などと思われるのではないかなーと。

優先順位付け

で、この言葉の意味がはっきりした上で、どうするといいかというと・・・。

理解の優先順位はあげる、納得の優先順位はあげない

というのが、「仕事ができる」と思われるコツ何じゃないかと思いました。

この続きをみるには

この続き: 2,036文字
記事を購入する

理解の優先順位をあげ、納得の優先順位をさげる

けんすう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

🙌🏻
267
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

こちらでもピックアップされています

良いnote
良いnote
  • 89本

個人的に良いと感じたnoteをあつめる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。