自己肯定感が低くても、自分のことが嫌いでも幸福にはなれる

こんにちは!アルというマンガサービスを作っているけんすうといいます。サッカーマンガの中では、最近「アオアシ」という作品が好きです。

今回は、「自己肯定感が低くても、自分のことが嫌いでも幸福にはなれるよ」ということを書きます。

書いた背景としては、自己肯定感が低いと幸せになれないといったような言論をたまに見かけることが多いのですが、別にそうでもないんじゃない?と思うことが増えてきたからです。

最初はそういうもんかなぁと思っていたのですが、自分のことを振り返るとそうでもないような気もしてきたので、書き留めておきます。

結論としては、自己肯定感が低くても、自分のことを嫌いでも、幸せにはなれると思うよ、ということを書いています。

ちなみにこのnoteは有料にしてみました。無料と有料の違いは何かというと

- 多くの人に有益そうなものは無料で出す
- 基本的に読んでも役に立たないものは有料で出す

という感じです。エッセイ的というか、たいして役に立たないものは、お金も時間も余裕がある人だけが読むというか・・・。

というわけで目次。

はじめに:お礼と有料化の理由

この続きをみるには

この続き:4,215文字/画像1枚

自己肯定感が低くても、自分のことが嫌いでも幸福にはなれる

けんすう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😻
638

けんすう

インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

けんすうマガジン

インターネット上でのメディア論とか、コミュニケーションについていろいろ語りますよ
16つ のマガジンに含まれています

コメント2件

少し気持ちが楽になる
記事でした。ありがとう。
いろんな考え方がありますね。素晴らしいと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。