100万円の宝くじがあたって何か変わるのかな?という話

売り切れ

zozoの創業者の前澤さんが、2020年のお年玉として10億円を配るというので話題でしたね。相変わらずぶっとんでてすごすぎますね、、

2020/01/28時点で、405.7万件のリツイート、141.3万件のいいねらしいです。

お金の話は、とにかく人をひきつけちゃうので、あまり投稿しないようにしているのですが、お金に対してどう考えているのか?は割とおもしろいテーマなので、書いちゃいます。

企画意図

この企画の意図についてこう前澤さんはお話しています。

ベーシックインカムを個人でやってみた、というのが趣旨のようです。

ベーシックインカム自体は、いろいろな人が議論をしています。個人的には、ひろゆき氏がよく話しているのを見ます。

ベーシックインカムについては、僕は賛成派でして「たまたま、現在の社会に適した能力を持っている人だけがお金をもらえて、そうでない人たちは苦しい思いをする」社会よりも「とりあえずどんな能力の人でも最低限の生活は保証されていて、そのお金だけでもまともな生活はできる。その上で、贅沢したいとかで働いてもよし、社会貢献や充実感を高めたいで働いてもよし」という方がいいと思っています。

人を追い詰めてもあまりいい結果にはならないので「まあ、今3年働かなくても、3年後も確実に食えるから大丈夫」という余裕があったほうがいいと思うのですよね・・・。

と、そういう前提のもと、この前澤さんのお年玉企画について、個人的な感想をかきます。

100万円で何か変わるのか?

この続きをみるには

この続き: 1,972文字
記事を購入する

100万円の宝くじがあたって何か変わるのかな?という話

けんすう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金はすべて、マンガサービスのアルに使われます。

😍
99
インターネットでコミュニティサービスとかをよく作っています。今は「アル」というマンガサービスを作っています。

こちらでもピックアップされています

マネーの哲学:「お金」と清く正しく美しく向き合う知性
マネーの哲学:「お金」と清く正しく美しく向き合う知性
  • 617本

全ての物質は時間と共にやがて朽ちる。しかし、増減こそすれど価値まで失わない「お金」は、「複利」と並ぶ人類史上最大の発明品といわれる。 20世紀初頭に「自由貨幣」を提唱したドイツの経済学者シルビオ・ゲゼルは、その故に資産家が金利生活で肥える現状を憂いたが、そもそもお金の本質とは「国家(発行者)の信用証明」であり、「物質化した社会的エネルギー」に他ならない。だからこそお金の多寡が強さの指標になる反面、発行者に対する信用が失われたら単なる紙と金属の屑に変わる。 実はここに「お金の力」を正しく使うためのヒントがある。すなわち、独立自存にはお金の知識と「真善美」が必要だ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。